パート収入があれば主婦でも有利に利用できる

主婦の方がカードローンを利用する場合、多くの貸金業者や銀行では自分の収入があるかどうかが審査段階で問われることになります。自分が収入を持っていない場合は、配偶者の方が収入を持っていることが審査条件になり、満たされないようなら利用することができません。申し込んでもローン審査の段階で落とされてしまいます。
自分が収入を持っている方が選択肢は広がりますので、出来ればパート収入を確保してください。

パートの収入さえ確保していれば、銀行のカードローンの他に消費者金融系のカードローンも利用することができます。消費者金融というとちょっと身構えるかもしれませんが、アコム、アイフル、プロミスといった、全国放送でのCMを展開しているような大企業ですから理不尽な扱いを受けることはありません。

パートは立派な仕事と判断されるため、本来であれば仕事を持たない主婦は申し込めないような貸金業者でも利用が可能になってくるわけです。月の収入が増減することはあっても、一応は安定した収入とみなしてくれるでしょう。

パートで働いていない専業主婦の場合は、一部の銀行カードローンしか利用できなくなります。パートで安定した収入を確保することは、返済能力と信頼を得る部分にも繋がり、カードローンの比較が出来るようになります。収入を確保することが第一だと考えてください。

コメントは受け付けていません。